アンテナ工事業者の選び方とは?

アンテナの種類・必要な部品を把握してから業者を選ぶ

アンテナ工事を依頼する前に、自分でアンテナの種類や必要な部品を把握しておくと役に立つ。これらの知識があれば、自分に必要な工事だけを依頼することができるし、そのアンテナの設置を得意とする業者を選ぶこともできるだろう。

アンテナを選ぶ際には、以下の点に注意したい。

  • 地デジだけ視聴したいのか
  • BS・CSも見たいのか
  • 4K8K放送を見たいか

ちなみに、アンテナの値段の相場は以下の通りだ。

  • 地デジ用アンテナ
    八木式アンテナ(4,000円前後)
    デザインアンテナ(10,000円前後)
  • BS・CS用パラボラアンテナ(4,000~8,000円)
  • 4K5K対応アンテナ(8,000~13,000円)

アンテナだけではテレビは見られないため、アンテナ以外の細かい機械にも費用がかかる。

  • 分配機(数百円~2,000円)
    アンテナで受信した電波を、それぞれの部屋に送る機械だ。複数の部屋でテレビを見る際には必須。
  • ブースター(2,000~10,000円)
    アンテナで受信した電波をテレビに送信する際、電波を調整する機器。電波が極めて良い・テレビ配線が1本だけという限定的な状況の時に必要になる。

アンテナ工事の費用や価格の相場を知っておく

アンテナ工事を行なう際、細かい料金の明示をしない業者や、説明なしに工事を進めてあとから料金を請求してくる業者がいる。このようなことがないように、あらかじめ費用の相場を知ることが大切。
それでは、工事費用込みの相場を見てみよう。

  • 地デジアンテナ(32,000~38,000円)
  • 地デジデザインアンテナ(36,000~42,000円)
  • 地デジアンテナ+BS・CSアンテナ(50,000~58,000円)
  • 地デジデザインアンテナ+BS・CSアンテナ(56,000~62,000円)
  • 4K5Kアンテナ(80,000~100,000円)

業者の対応をしっかりチェック

アンテナ工事の業者を選ぶ際に重要になるのが「業者の対応」だ。特に注意すべきなのは、対応が遅い・質問に答えてくれない・見積もりを出さずに工事の日程ばかり決めようとする業者。このような業者は、工事費用や施工時のトラブルが起きやすいため、避けた方が良いだろう。

また、口コミサイトの評判を鵜呑みにするのも危険!口コミはやらせの可能性もある。業者の対応をしっかり知るためには、実際に問い合わせた方が賢明だ。